カーコーティングとは?種類やメリット,デメリットを徹底解説

車を取り巻く環境というのは想像以上に厳しいもので、常に野外に晒されている限り、急激な温室度の変化や強烈な紫外線、そして走行中の土砂や風雨、ゴミの衝突は決して避けて通る事は出来ません。

これらの環境から車の外装を保護し、長きに渡り綺麗な状態を維持するには、塗装面に皮膜を張り、上記の様なショックが塗装や外装にダイレクトに伝わらない様にする方法があります。

その方法は幾つかありますが、誰もがすぐに思い付く物としてカーコーティングが挙げられるでしょう。

カーコーティングとは

カーワックスは車の塗装面に石油系の油脂皮膜を張り、塗装や外装の劣化や破損を防ぐというものですが、カーワックスの油脂成分は太陽光線を浴び続けるとすぐに劣化・蒸発してしまい、長期間の保護効果を期待する事が出来ません。市販されているブランドの多くが1ヶ月毎のペースで塗り直しを必要とし、その際に掛かる手間も決して馬鹿には出来ません。

一方数カ月から年単位の長期に渡り皮膜保護効果を発揮し、かつ車の外観を美しく保ってくれると人気なのが、ポリマー系やガラス系を始めとしたカーコーティングです。

カーコーティングはポリマー(高分子重合体)や無機ガラス等の成分が車の塗装面とガッチリ結び付き、極めて強靭な皮膜を形成します。この皮膜はカーワックスとは比べ物にならない位の耐久性や耐候性、耐熱性を発揮し、最高で年単位という長きに渡り、車の塗装を強烈な紫外線や風雨、土砂等から守り続けてくれるのです。

カーコーティングの種類は主に3つ

カーコーティングには幾つかの種類がありますが、現在盛んに施工されているのは上記に挙げたポリマー系コーティング及びガラス系コーティングに、最高級のガラスコーティングを加えた計3種類です。

ポリマーコーティング

ポリマー系コーティングはフッ素あるいはシリコンといった高分子重合体(ポリマー)を主成分として構成されています。車の塗装面にこれらを塗布すると、塗装面の上に「架橋性皮膜」と呼ばれる強靭な皮膜を作り上げ、既にあった細かい傷さえも隙間なく埋め、目立たなくしてくれます。そしてポリマー特有の細かな網の目状の構造が、紫外線や風雨、鳥のフン等、塗装を酸化・劣化させる様々な異物の浸入を徹底的に防いでくれるのです。

形成される皮膜の強靭さは後に説明するガラスコーティングにも比肩し得るものですが、その成分はあくまで酸化・劣化する有機物の為、ある程度時間が経過すれば必ず劣化し、その効力を失ってしまいます。それでもカーワックスと比べれば約3カ月程度と大変長寿命であり、極めて有用なカーコーティングと言えるでしょう。

ガラス系コーティング

一方ガラス系コーティングは無機素材のガラスが主成分となっている為、一層強靭・強固な皮膜を形成します。その為寿命が約6カ月程度と、ポリマー系コーティングよりはるかに長持ちするというメリットがあります。また優れた対候性や耐熱性はもちろんの事、仕上がりに関しても車本来の塗装色をより美しく際立たせてくれますし、輝く様な光沢や抜群の撥水性を誇り、まるで新車の様な新鮮さや高級感を演出してくれます。

ガラスコーティング

更に高級なカーコーティングとして、ガラス成分の含有率が極めて高いガラスコーティングがあります。カーコーティングとして最も高い耐久性や耐衝撃性を誇りますが、施工費用もまた極めて高く、高級車や外車、スポーツカー以外ではコストパフォーマンスの面で劣ります。またガラスコーティングは施工に高度な技術を要求される為、施工時間が他のカーコーティングよりも長くなる傾向があります。
ガラス系コーティングからガラスコーティングに至るガラス成分含有率はかなり連続的で、どこに分類の線引きを置くかは難しいところですが、少しでもコーティングに対する信頼を確保したいのであれば、予算の許す限りでガラス成分含有率の高いコーティング剤をチョイスするのがベストと言えるでしょう。

カーコーティングのメリット・デメリット

カーコーティングのメリットとは

激しい気候や気温の変動、あるいは土砂や鳥の分から愛車を守る方法はだいたい以上に挙げた通りですが、定期的に訪れる際施工の手間暇をなるべく省き、長年に渡りストレス無きカーライフを送りたいと思ったら、早目にカーワックスを止め、本格的なカーコーティングへ移行するに越した事はありません。

カーワックスとカーコーティングの違い

またカーワックスと比べ撥水性や光沢力に富む等、愛車を美しく演出する性能も極めて高いですし、汚れやゴミも付着し難く、カーワックスが頻繁な洗車を必要とするのと比べ、カーコーティングは洗車の頻度が低くても愛車を美しい状態に保つ事が出来ます。美観に関する手間が省けるとなれば、自動車本来の乗る楽しみに費やす時間も自然と増え、カーライフもぐんと楽しくなり、充実感も増してきます。カーコーティングはいつまでも愛車と感動的に過ごす為、もはや欠かせないアイテムと言えるでしょう。

カーコーティングのデメリットとは

最低でも3カ月、高級素材となれば年単位もの寿命を発揮してくれるカーコーティングですが、デメリットはあります。上でも少し触れましたが、カーワックスと比べ全体的に施工料金が非常に高く、最高級のガラスコーティングともなれば1回の施工当たり、数万円から10万円以上という料金が掛かってしまうのです。

大衆車クラスであれば、1回の車検やタイヤ交換、あるいは修理代に匹敵する料金となりますから、愛車のグレードを考え無理に背伸びをせず、最も相応しいグレードのコーティングをチョイスするのが理想的と言えるでしょう。

また通勤等で日々愛車に乗るという場合、どうしてもカーコーティングの劣化スピードが早まる為、あまりにハイグレードなコーティングはやはりコストパフォーマンスに劣るというデメリットはあります。

カーコーティングは大手のタイヤショップや自動車修理業者等で比較的安価に施工を行ってくれますが、最も施工に信頼が置けるのはやはり、カーコーティングを専門に行っている業者です。

カーコーティング専門業者は独自に開発したオリジナルコーティング剤を幾つも用意し、愛車の車種や予算に合わせ、最適な種類やプランを提案してくれます。
技術やノウハウに長けたスタッフが時間を掛け、丁寧に施工を施してくれたカーコーティングは、どんなにリーズナブルな素材でも愛車の塗装色や艶を際立たせ、まるで新車と見まごう程の新鮮な状態へと仕上げてくれます。

またやり方に慣れてくれば自分自身での施工も可能なカーコーティングですが、失敗のリスクを負いたくなければ、多少工賃が掛かってもカーコーティング専門業者に施工を依頼し、仕上がりの満足度を追求するに越した事はありません。

お気に入りの愛車を長く綺麗に保つなら是非カーコーティング

愛車の手入れにカーワックスを使ってきたものの、その効果が薄れるのも早く、頻繁に塗り直すのが面倒… あるいは街中を颯爽と走る高級車やスポーツカーの様な艶やかな外装を愛車にも施したい…そんな風に思っているなら、思い切って手間の掛からないカーコーティングに切り替え、楽しいドライブに費やす時間を増やすのがベストです。

確かに施工費用は掛かりますが、再塗布の手間は大幅に少なくなり、その種類によってはむしろ優れたコストパフォーマンスを実感出来るかも知れません。
どんなに疲れていても、帰宅する度にピカピカな状態の愛車を見れば、自然とストレスも吹き飛びます。愛車と過ごす時間がより充実したものとなるに違いありません。

PR|埼玉県のガラスコーティング専門店ガラスコーティング施工店看護師 募集FX 自動売買ソフト副業ランキング超SEO対策SEOアクセスアップ相互リンク集JALカードGetMoney東京 クルージングハシエンダ自動相互リンクオラトリオ自動登録リンク集グレートウォール相互リンク集パイルバンカー即時登録リンク集海外バイナリーオプションエステサロンFX 為替看護師求人育毛剤全身脱毛看護師 転職看護師求人ランキングネットショップ 開業