カーコーティングの選び方,ガラス系とガラスコーティングの違い

カーコーティングといってもカー用品店には勢ぞろいでコーティング剤がならび、工事専門店に足を運べば幾つものメニューが準備されています。

それを目の当たりにすると、何をチョイスするべきなのか、他にも、店舗に取り掛かりを頼むべきなのか分からなくなってしまうという方もいるでしょう。

自動車のカラーリング面等に特殊な皮膜を作り、色づけ面の維持、艶出しを目的とした作業を俗にボディーコーティングとよび、俗にワックスと呼ばれるものより保持影響が長持ちすると言われています。

ワックスとは

ワックスの成分は「カルナバロウ」と呼ばれるロウ成分が主体でこれを彩色面に塗布こむ事で艶を出しますが、ボディーコーティングはフッ素系、シリコン系、チタン系などのポリマーを成分とするコーティング剤でボディーを包む皮膜を用意するのがポイントです。

そしてワックスは撥水性に優れますが、彩色面を汚れから維持する影響はないのです、一方コーティング剤はどっちもの成果を供え持ったています。

車のコーティングには、どんな解釈や成果があるんだろうかと質問に感じていないでしょうか。しかも、コーティングを勧められたけど、高価な出費を払ってまで取り掛かりする意味合いがあるんだろうかと悩まれているかもしれません。

こうした質問や歯痒さも、採り上げるのの文章を参照いただければ、すっきりと落着する事ができます。多額な出費を払ってから、悔やみする事もなくなるでしょう。それによりには、コーティングについての正しい知識が大事です。

車コーティングの目的とは、一言でお伝えするならば、いつまでも車を艶やかにキープする事です。ただし、コーティングについて調査してみると、趣旨がない、お金の無駄遣いだと言われる事もあります。これらは、ディーラーや専門家の間違った解説や認識不足のせいで、コーティングの成果やパフォーマンスについて勘違いしてしまう事がきっかけです。

ガラス系とガラスコーティングの違い

ガラス系コーティングとは

シリコン系(ガラス系)コーティング剤のもち味。ガラスコーティング剤よりも水をはじく影響が弱く、かつ品質や艶がガラスんい比べると低くなります。

また、シリコン系コーティング剤は耐久性に乏しく、塗布から3〜6ヶ月程度しか影響が持続しません。しかも、シリコン系コーティング剤は粘着性が強いため、塗布後に空気中の埃がつきやすい性質があります。コーティング剤に付着した埃は強固な水垢となるため、決まった的な水垢取りが不可欠です。

ガラスコーティングとは

第二に、ガラスコーティング剤について。ガラスコーティング剤は、「ガラス繊維系」と「ガラス硬化系」に区分られます。ガラス繊維系は、フッ素化合物やケイ素化合物、ガラス系レジンなどを主成分とするコーティング剤です。

ガラス繊維系のコーティング剤は液状をしており、スプレーで吹きかけて使用するものが多数派。取り扱いに困難な点はなく、ごく手っ取り早いに使用できます。

ガラス強化系は、化学反応によってガラス被膜を形成するコーティング剤です。

被膜の厚さと耐久性の高さが、ガラス強化系のポイント。ガラス強化系コーティング剤は傷に強いうえ、一度塗布すると1〜3年程度まで影響が持続します。

しかし、ガラス強化系のコーティング剤は取り扱いが困難に、かつ金額が高価です。しかも、乾かすに時が必要になるため、ところや天候に用心して工事しなければなりません。

しかも、コーティング剤の値段はガラス強化系がもっとも高価で、次いでガラス繊維系、シリコン系の順に安価になります。こうしたプライスの異なる点も、コーティング剤選択しの着目点として押さえておきましょう。

撥水性ガラスコーティングは皮膜の表面に微細なちぐはぐを仕上げる事により水の据え付け面積を少なくし、水の表面張力によって真円に近い水滴を作ります。

水に濡れると玉のように水をはじくのがこの撥水性のトレードマークです。水滴が可能なのでウォータースポットができやすいという短所もあります。疎水性と対比すると艶やラメが強く、コーティングをしている体感が得られやすいので大注目があります。

ガラスコーティングのメリデメ

ガラスコーティングは極端に薄いピカピカで透明なクリヤー層と腹積もりてください。自動車には5層程度の彩色が施されており、最終上塗り彩色が透明なクリヤーペインティングです。クリヤー層は熱や紫外線、大気汚染、酸性雨、鳥フン、虫の死骸、鉄粉などによって老朽化していき、艶を維持する事が困難になります。

ガラスコーティングを取り掛かりする事によりクリヤー層の経年劣化を抑制し、長期に渡ってクリアー層以上の艶を維持する事ができるになります。けれども、商用車バンタイプの白い車や赤いカラーリング色など、局所特例でクリヤーカラーリングされていない車種もありますので、留意してください。

そのような車にもガラスコーティングは成果的です。全部コーティングが施されていなく、いつもから水洗いのみしか行わない事例、洗車のみで車を美しいにする事は困難です。

ガラスコーティングの効果

ガラスコーティング影響により、水垢などにもなりにくいため、洗車に必要になる時が大幅に短縮されます。

例として、先ほどのクリヤーペインティングをされていない車を麗しいにしようとしたケース、5時以上の時が不可欠になるでしょう。

ただし、ガラスコーティングを工事してある車の事例は、数十分程度の時で洗車が完了します。車の彩色は常識的に走っただけでも、飛び石や、強風での砂などで傷が付いてしまいます。

一度傷が付いてしまえば、ポリッシャーなどを使用し、コンパウンドでペインティング表面(クリアー層)を磨いて限りなく平坦にする不可欠があります。彩色を必須以上に削る事はなるべく避けたい事ではありますが、ガラスコーティングを取り掛かりする事で、並行して小さな擦り傷であれば埋めて際立たなくさせる事ができるです。

傷は光の屈折により傷だと認識されますので、コーティング剤で光の屈折を無くしてしまえば際立たなくなります。光の屈折が無くなる事により平坦な面にしか見えないため、傷が消えたように見えます。ガラスコーティングは強固な皮膜を形成するために、一ヶ月ほど洗車を避けた方が良い期間が生じてします。ガラスコーティングは揮発性物質を有しており、工事後直ちにに溶剤が揮発する事はないのです。

溶剤の揮発と同時進行でコーティングが硬化していきます。揮発前、硬化前にボディへ水分が付着してしまえば、コーティング剤の内面へ水分が侵入し皮膜の形成が不完全となります。用心しなければならない点は、「乾かす」ではなく「硬化」という点です。

目視で乾かすと硬化の相違を決断する事は無理ですので、決められた期間を守るようにしましょう。無論、雨の日など避けられないような状況も影響します。濡れてしまったボディを自然乾かすさせるのではなく、柔らかな拭き取りクロスなどを用いて水分の除去を行いましょう。

ガラスコーティングは薄いクリヤー層ですので、クリヤー層と同じくに放置してしまえばガラスコーティングも老朽化していきます。

事故でガラスコーティングを再施工する場合

保険修理であれば、コーティング再取り掛かり総額は保険代金内蔵されていますが、実費での修理のケースはこの限りではないのです。例を挙げると、バンパーをぶつけてしまい車屋さんに修理を要請したとします。

バンパーのカラーリング総額は3万円前後ですが、ペインティング必須に添加してコーティング出費が生じてします。バンパー程度のコーティングですと数千円のコストですが、これが側面の修理、前から後ろまでの傷になればコーティング総額は一万円を超えてしまうでしょう。

車両保険に参加されていない事例は、イタズラ傷などのトラブルに遭っても保険を使用する事ができません。自損事故などの相手がいないケースも同じくです。コーティング取り掛かりにはいつもプラスアルファの浪費が付きまとってしまいます。

カーコーティングのまとめ

下取りや売り渡しの場合に、カラーリングが艶やかに維持されていれば査定額にも添加になります。数十万円の上級ガラスコーティングでない限り、売り渡しの場合に相殺できるな程度の経費で抑えられます。

加えて、ガラスコーティングを取り掛かりされている車であれば、もうに洗車を終える事ができるな点も評価が高いです。我が家などで手軽に洗車をし、後にドライブへ出掛ける事もできます。

工事されていない車を自ら洗車する事は、予想外に大変な作業です。プロに洗車を申し入れしても多額な出費が現れてしてしまいます。

ペインティングの経年劣化を抑制するためには、ガラスコーティングは不可欠のコーティングと言えるでしょう。特に赤や黄色、濃色系の車は色づけの経年劣化が早いため、ガラスコーティングを工事する事で経年劣化を抑制できます。

ガラスコーティング取り掛かりには絶対経費が現れてしますが、再彩色をする総額と対比した事例、安い維持費と腹積もりられるでしょう。売り渡しの場合にも高査定へ繋がりますし、相殺できるなほどです。短所に関しても、専門専門家へ全部を要請しておく事で、日頃から造作なくな洗車のみで艶を維持する事ができます。

窓ガラスコーティングも自分でやる溶剤。

おすすめのカーシャンプーは濃縮タイプの弱アルカリ性