車のコーティングの必要性について

車を購入する際、必ずと言っていいほど聞かれる言葉がある。
「コーティングはどうしますか?」と。
コーティングの種類によって値段が異なったりしていて、
素人感覚だと、どれを施工されてもわからないだろう。
安くはないし、そもそもコーティングは必要なのかと思うことはないだろうか。

洗車を頻繁にすればコーティングはいらない。
コーティングなんてすぐに効き目がなくなる。
など否定的な声は多くある。
しかし私はコーティングを強くお勧めしたい。そしてコーティングする車が新車で購入する車であれば尚更だ。

新車の状態は塗装表面が綺麗なためコーティングが施工されてから効果が持続しやすい。
余談だが私の車は新車購入時にコーティングを施工したため5年経過しているが未だに艶やかだ。
汚れても簡単な洗車ですぐに輝きが復活した。

では中古で購入する場合はどうだろう。
これもコーティングの施工有無で数年後の車の輝き具合が大きく異なってくる。
もしコーティングをしなかった場合、すぐに艶がなくなってく。
日々のメンテナンス(ワックス掛け、洗車)を行わない人はコーティング必須と思ったほうがいいだろう。日々のメンテナンスを行う人もコーティングを施工していれば洗車時の負担が大幅に減る。

コーティングは汚れの吸着を弱め、塗装の輝きを保ち、
余裕年数が経てば経つほどにその効果が現れる。
車の短期所有を考えている人を除いて、コーティングは施工しておいて
損はないだろう。