車は高額な嗜好品

車を購入する人は主に2パターンあると思います。一つ目は車が好きで自分の気に入った車に乗りたい人、もう一つは車には興味ないが生活するうえでどうしても車が必要な人です。
私は前者ですので、そういった目線でお読みください。

まず、車を購入したきっかけですが、前記した通り車が好きですので、社会人になったら車を持とうと決めていました。そこで心配だったのが購入できるお金があるかどうかです。しかし、基本的に車を一括購入できるほどのお金を準備できる人は少ないと思いますので、ローンを組むと思います。ローンが払えるかどうかはあまり心配する必要はありません。

あまり贅沢せず、無理しない程度に節約生活を心がければ、払えるだけの余裕は生まれます。
あとは、車を購入するときにあれこれオプションを付けないことです。ディーラーのオプションは割高です。特に進められる車内マットやドアバイザーなどは、ディーラー価格の半額でネットで購入することができますので、そういったところを削って金額を下げれば、予算も問題ありません。