車内での子どものおしっこ対策には犬用トイレシートが有効

車内で快適に過ごしたいのは、車に乗る人すべての願いですが、小さな子どもがいると、それを実現するのはけっこう大変です。

シートを汚したり、飲み物をぶちまけたり。

おそうじも大変です。

うちの場合で困ったのはおしっこでした。

おむつをはかせてもベビーシートでおしっこを漏らしてしまうのです。

おむつが吸収できないほど大量にしてしまって一部がベビーシートはもちろん、シート本体まで濡らしてしまうのです。

以前乗っていた軽自動車はもちろんファブリックシートだったので、シート内部までしみこみ、いつのまにか車内は常時おしっこの臭いがするようになりました。

これでは親はともかく、他人を乗せることはできません。

ちょうど車検の時期が来たので思い切って手放し、普通車に買い換えました。

しかし、おしっこ問題は解決しません。

そこでベビーシートの下に犬用のトイレシートを敷くことにしました。

これでばっちり。

ベビーシートまでは濡れてもシート本体は濡れなくなりました。

さらに念のためトレイシートの下にバスタオルを敷きました。

これで安心。

もちろん社内におしっこの臭いが充満することもなくなりました。