ガラスコーティングと洗車

ガラスコーティングをしていると洗車は不要と思っている方も多いかもしれませんが、ガラスコーティング施行後もコーティングを長持ちさせる意味で洗車をオススメします。

ガラスコーティングは車の塗装の上に薄いガラス皮膜を作るものです。ガラスなので汚れが付きにくく・落ちやすくなりますが、全く付かないわけではありません。
また、雨水しか付かない場合でも水が乾いたときに水の中のミネラル分が固まって白っぽい輪っか状の跡ができる「イオンデポジット」ができる場合があります。

イオンデポジットはミネラル分ですので薄いものは洗車すれば落ちます。しかし、できてから時間が経ってしまうと熱や紫外線の影響によって硬化して落ちにくくなります。
イオンデポジットを発見したら薄いものはまず洗車し、落ちないようであれば専用のクリーナーで落とすようにしましょう。コンパウンドを使うことで落とすこともできますが、この場合にはガラスコーティングも削ってしまうことに注意が必要です。

洗車の頻度は自分の車・バイクの汚れ方を見て決めるようにしましょう。洗車はコーティングにも少なくないダメージを与えますので、あまりにも頻繁に洗車することは逆効果です。
常にピカピカの状態を目指すのではなく、汚くなってきたなと思ったら洗車をする程度で洗車をしてあげましょう。