なぜカーコーティングの施工でコンパウンドを集中的に使うべきでないか

カーコーティングの施工をするなら、事前にコンパウンドを使う事にはなります。いわゆる下準備の段階で、まずは汚れやかすり傷などを取り除いておくのです。カーコーティングの仕上がりを良くする為にも、コンパウンドは使ってあげるべきなのです。
ただしコンパウンドは、1ヶ所を集中的に作業するのは避ける方が良いでしょう。例えば下回り周辺に、比較的頑固な汚れが付いているとします。なかなか汚れが除去できないケースも、たまにあるのです。
カーコーティングの施工が不慣れな方々は、その汚れを取ろうと頑張ってしまっている事があります。下回りだけに集中的にコンパウンドを使って、他の場所が手薄になってしまう事もあるのです。それは避けるべきです。
というのも1ヶ所だけ集中的にコンパウンドを使用すると、たいてい色が白っぽくなってしまいます。白くなった状態でコーティングしてしまうと、大変目立ちます。コンパウンドの白い傷が、コーティングで強調されたような状態になってしまうのです。見栄えが悪くなりますから、あまり1ヶ所集中でコンパウンドを使わない方が良いでしょう。