カーコーティングの施工で円を描かないようにする

カーコーティングの施工には、色々コツがあります。ワックスとは要領が異なりますから、注意が必要です。
ワックスを塗る時には、たいてい丸い動きを心がけるようにします。円状に動かしてあげるのが望ましいのですが、カーコーティングはそうではありません。円状というよりも、縦もしくは横方向に統一するのが良いのです。
カーコーティングの施工をする前には、コンパウンドも使う事になります。車の表面に付いた油汚れなどを、まずコンパウンドで取る事になるのです。たいていはスポンジにコンパウンドを付けて、汚れを取り除いていきます。
その時のコンパウンドの動きは、円状にすべきではありません。このタイミングで円を描いてしまいますと、後でカーコーティングの施工をする時に、ムラができやすくなってしまうからです。この点は、ワックスとは要領が大きく異なります。
むしろ上下もしくは横の方向に動かす方が良いでしょう。なお一旦上下に動かしたら、横方向にしないよう注意が必要です。一方向に統一する方が良いでしょう。何回も方向を変えてしまうと、ムラができやすくなってしまうからです。